お金を投資する前に十分下調べをする必要があります。

■最新経済情報
  • 米女子ゴルフ 上原が暫定24位に
  • 取水制限の荒川水系のダム 底の一部が露出 埼玉
  • 高知ファイティングドッグス ラミレスと契約延長
  • 東京五輪・パラ 聖火リレー基本理念 来春にも公表
  • 栃木と茨城の4市1町が災害時の支援協定
  • 高級ぶどう「ルビーロマン」 初競りで最高111万円
  • ヤクルト 大引 左肩違和感で1軍登録抹消
  • 路上遺体は71歳男性 事件の疑いも 千葉 香取
  • 栃木の動物園 ニホンライチョウのヒナ3羽ふ化
  • 米女子ゴルフ 上原は6位

ここでは不動産で利殖を試みる利点と難点についてご紹介します。

利点だけでなくと難点についても把握しておくことはとても重要です。

利点

家安定した収入が得られる
本業とは別に、安定したお金が得られます。 高齢者の方や定年退職後の方、女性の方でも高収入が期待できます。 公的年金のほかに月々収入が得られるという点で、私的年金として利用するという高齢者の方も多いようです。

インフレ対策になる
インフレになると、物価が上昇し、逆に貨幣価値が下がります。 その場合には投資した物件の価値が上昇することが予想されます。 家賃収入や資産価値も上昇すると予想されますから、インフレ対策としては有効な手段だと言えるでしょう。

生命保険に加入できる
投資用のマンションなどをローンで購入した場合、団体信用生命保険に加入できます。 ローン返済中に万が一のこと(死亡や高度障害など)があった場合、保険が適用されます。

難点

条件の良い不動産を見つけるのが難しい
せっかく投資用のマンションを購入し人に貸そうとしても、なかなか入居者が増えずに空室ばかり…ということも考えられます。 そうなると家賃収入が見込めませんから、思うように利益が上がらないこともあります。

すぐに売却できない
いますぐ現金が必要だという場合でも、すぐに手に入れることはできません。 手続きにかかる時間やタイミングなどを考慮する必要があります。

建物の修繕コストがかかる
建物は年月とともに老朽化し、修繕する必要が出てきます。

不動産価値の値下がりの予測が難しい
時には購入した時よりも不動産の価値が下がる場合も考えられます。 その場合には不動産を売却してお金にしても、売却損(このことをキャピタルロスと言います)が出る可能性があります。

投資判断は熟考をしてから

お金

不動産への投資は、近くのスーバーで買い物をするのとはわけが違います。 大きなお金を動かすことになるので、もし失敗をすると損失は大きくなります。

ですから不動産に投資する場合は、不動産バイヤーのいう事を真に受けるのではなく本当に将来値上がりするのかを自分自身で良く考える必要があります。 一般的にはマンションを購入される方が多いと思いますが、現状の空室率はどうなのか? 将来的な見込みはどうなのかを判断する必要があります。

街自体が衰退している様な土地の不動産を買ってしまうと、地価も下がってしまいます。 ですから、長期的視野を持って投資物件を選ぶ必要があります。

これから日本は、人口が徐々に減っていきます。 そうなると、賃貸のアパートやマンションは空室率が高まることになります。 空室率が高まるという事は、家賃収入が減るので採算が取れなくなる事を意味します。 ですから、これから賃貸物件の購入を考えている人は物件選びは慎重になる必要があります。 大学の近くであるとか、交通の便が良い駅近くの物件などの優良物件でなければ購入しない方が良いかもしれません。

これからは少子高齢化で日本の人口は減っていきますが、全ての市町村で人が減っているわけではありません。 転出と転入のデータを見てみると、地方では人が減ってきている一方で、都市部は人が増えるという傾向があります。 例えば、北海道を例に挙げると、札幌以外の旭川や北見、函館などは人口が徐々に減っている一方で、札幌の人口は毎年少しずつ増えています。 こういった、人の移動を考慮に入れて、将来的には人口分布がどうなるのかを予想して不動産投資をする必要があります。 当然のことながら、人が増える土地というのは、不動産の価値は高まります。 ですので、仮に北海道で投資として賃貸物件を探すなら、札幌だけを調べる様にする必要があります。 札幌の中でもこれから人が増えそうな地区の物件を選ぶと良いでしょう。

現に、当サイトの管理人は札幌在住なのですが、札幌では新築のマンションが多く建てられています。 管理人にとっては、建築をする時の音がうるさくてうんざりと言った感じなのですが、マンションが増えているという事はそれだけ需要があるという事なのでしょう。 中国バルブも弾けてしまった今となっては、もしかすると世界同時不況の時代がやってくるかもしれません。 そうなると、経済が停滞して、立地条件の良くない不動産の価値は下がると考えられます。 ですので、将来の経済動向も見据えて不動産投資を行う必要があります。

また、投資用マンションなどを購入する際に注意すべき点は、不動産屋の営業マンの言葉を真に受けない事です。 営業マンは物件を売ることにより、仲介手数料を得ます。 ですから、利回りの良くない物件でも売り払いたいわけです。 不動産会社は本当に利回りの高い物件ならわざわざ売るという手間を掛けずに、自分たちでその物件を管理して、利益を得るはずです。 ですから、不動産会社の営業マンの話は話し半分程度に聞いておいた方が無難です。 資金力があるなら自分で駅近くの土地を買って、そこに自分でマンションを建てた方が良いでしょう。 そして、マンションの賃料管理などは不動産会社に任せるというやり方の方が、ずっと不動産投資で成功する確率は高いと思います。