少額資金しかなくても不動産での利殖は可能です。

■最新経済情報
  • ミャンマー 少数民族武装勢力との和平会議始まる
  • 北朝鮮で洪水 4万人超が避難
  • ジカ熱“寄生虫駆除する薬が効く可能性” 米研究グループ
  • イエメン 軍施設に車突っ込み爆発50人死亡 ISが声明
  • 米韓合同軍事演習終了 北朝鮮への警戒続く
  • バングラデシュのテロ 実行犯に軍事訓練の疑い 男を殺害
  • 沖縄県からペルーに移住110周年で記念式典

ここでは、不動産投資信託についてご説明します。

少額で不動産に投資可能

物件探し

「投資信託」とは投資家から集めた資金をまとめて一つの基金とし、利殖を行う金融商品のことです。

生じた利益は分配して投資家に還元されます。 株やFX(外国為替証拠金取引)、債券など様々なものに資金投入がされますが、不動産に対しても行われます。 この不動産を対象に資金を投入する投資信託のことを「不動産投資信託」と呼ぶのです。

不動産投資信託の場合には、投資家から集めた基金は賃貸マンションやビル、商業施設などに資金を投入します。 そして賃料や売却した場合の売却益などで生じた運用益が、投資家に分配される仕組みになっています。

ちなみに不動産投資信託は「Real Estate Investment Trust」といい、それぞれの単語の頭文字をとって「REIT」(リート)と呼ばれることもあります。 日本では2001年に初めてJ−REIT(日本の不動産投資信託のことで、海外のREITと区別する際にこのように呼ばれます)が市場に登場しました。

ネットなどで不動産投資信託を調べると、J−REIT、またはREITという名の金融商品を多く見かけることができます。 他の株式や債券などと比べると歴史が浅いものの、人気が高まってきている金融商品の一つです。

●車やバイクを売却した資金で始めることもできます。
バイク売却【買取相場より高く売る】

証券会社経由での取引

不動産投資信託は証券取引所に上場されているので、売買をする際には証券会社を通じて取引することになります。

土地や建物などの不動産を自分で購入するとなると、どうしてもローンを組んだり、ある程度の自己資金が必要となったりします。 ですが、J−REIT、またはREITの場合にはそれよりも少ない資金で始めることが可能です。

不動産での利殖に興味があり、かつできるだけ少ない資金で始めてみたい…という方にとってはお勧めの方法の一つだと言えるでしょう。