不動産へお金を投資する際の流れです。

■最新経済情報
  • EU 英離脱の交渉 再来年10月までにまとめる方針
  • ロヒンギャ問題で現地入りのアナン氏 暴力停止を訴え
  • 真珠湾攻撃75年前に オバマ大統領が半旗掲揚呼びかけ
  • 「少年時代に性的暴行」 英サッカークラブの選手らが訴え
  • 北朝鮮 キム委員長が砲撃演習視察と機関紙伝える
  • 韓国パク大統領 退陣時期明らかにするか焦点に
  • 韓国 野党は弾劾議案可決へ賛成票集めに注力
  • 日米防衛相会談へ トランプ次期政権の政策も意見交換
  • エコカー減税 来春2年延長も対象絞り込む
  • イタリア国民投票で反対多数 首相が辞意表明 混乱懸念の声

ここでは不動産投資を始めるにあたり、おおまかな流れについてご紹介します。

不動産投資の手順

@物件を探す

不動産物件探し

まずは投資用の不動産選びから始まります。

交通の便や近くにお店などがあるかどうかなどの立地条件を検討します。 また、将来的に発展しそうな地域かどうかなども調べる必要があります。

自分で新聞やインターネットなどで情報を収集する方法もありますが、投資物件を扱っている不動産業者に相談してみる方法もあります。 取り扱い物件数の多い不動産業者の場合、希望に沿った物件を紹介してくれるかもしれません。

また可能なかぎり、購入を検討している不動産物件を実際に見に行くことをお勧めします。 実際に自分の目で見て確認するようにしましょう。

A資金計画を立てる

物件選びが済んだら、次は資金計画を立てます。

すべて一括で払えるのであれば問題ありませんが、金融会社から借金をしてお金の借り入れをする場合もありますよね。 自己資金はどの程度で、どのくらいの借り入れをするのか、きちんと計画を練りましょう。 くれぐれも借金が返せないという事態にならない様に気を付ける必要があります。

その際には購入の際に必要となる諸費用や、購入後にかかる資金(メンテナンスなど)、ローンを支払っていけるかどうかといったことも考慮にいれる必要があります。

特に借金返済計画は綿密に立てる必要があります。 自分の所得と借り入れた借金総額、そして金利などに基づき、どれぐらいの期間で借金返済を終えることができるのかを算出しましょう。 その立てた借金返済計画に誤りが無いかは、借金をした金融機関の融資担当者に確認をして貰う事ができます。 返済計画表にミスがあっては大変なので、しっかりと借金返済のスケジュールをチェックしてもらいましょう。

B購入申し込み

購入申し込み書や買付証明書などを作成・記入し、購入の申し込みを行います。 この段階で最終的な価格の交渉や契約の日時などを決めることになります。

C住宅ローンの審査を受ける

住宅ローンを利用する場合には、不動産購入の契約を正式に行う前にローンの審査を行います。

D契約する

売買契約を正式に行います。 不動産売買契約書など必要な書類に記名・捺印を行い、手付金を支払います。

E引き渡し

物件の最終的な確認を行い、引き渡しとなります。 この際には登記のための申請書などの書類や物件の残金の支払い、そして登記費用などの費用がかかります。

F不動産の管理・運用

不動産を取得した後は、実際に人に貸して賃料を得たり、売却して利益を上げたりなどして利益を得ていくことになります。

今までに不動産を購入した経験のある方なら、投資用の不動産購入も大きく変わりはありません。 ですが投資用の不動産となると、投資して利益を上げることができる不動産かどうか…この点をきちんとリサーチしておく必要がでてくる点を大きく注意したいところです。

物件探しが最も重要なポイントとなるので、十分にリサーチするようにしましょう。

住宅ローンや自動車ローンは借金です

高額商品を買う時は借金をして、その返済は分割払いとして返済の負担を軽減させるのが得策です。 ただし、高額商品でも資力があって現金で一括で買える方は、一括で買った方が利息の支払いが無いし返済の手間も掛からないので良いです。

できれば、10万円を切るような買い物の場合は、現金もしくはデビットカードなどの借金をしない形態の支払い方法を選ぶようにしましゅう。 住宅や自動車を購入する時には、ほとんどの方が、高額商品のために借金をしなければならないはずです。 この時のローンを組む際のコツは、できるだけ多くの頭金を用意することです。 ただし、手元にまったく現金がないというのも心細いので、万が一の場合のために少しは手元に余剰資金を置いておきましょう。

自動車ローンは長くても2年以内には終わらせたい所です。 また、住宅ローンも少なくとも定年前には完済していなければなりません。 家や車の様に誰もがする借金は、借金をしているという自覚が薄れるかもしれませんが、借金返済があることには変わりありません。 ですから、1日でも早く完済して、借金生活から脱出することを考えましょう。

借金返済を終えたなら、その分をレジャーや旅行費用、そして老後に備えた貯蓄などにまわすことができます。 完済を目標に、日々無駄遣いをしない生活を心がけましょう。

また、借金返済途中でもたまには息抜きが必要です。 ボーナスなどのまとまったお金が入って来た時には、働いた自分へのご褒美として旅行をするのも良いでしょう。 旅行でリフレッシュすることで、また仕事で頑張ることができれば、給与もアップすることでしょう。 [追記]

無担保融資での借金

昔の銀行は担保がないとお金を借りる事ができないことが多かったです。 でも、現在はマイホームを購入する時や、老朽化した家の改築などをするための費用を無担保融資で調達する人が増えているそうです。 担保なしと聞くと、担保ありと比較して面倒な手続きが無い分、ラッキーと思うかもしれません。

でも担保については良く考えてみる必要があります。 場合によっては担保にできる物件があるのなら担保設定をして必要な融資を受けた方が得になる事もあります。 そもそもなぜ銀行が担保を要求する場合があるのかというと、債務者が借金返済ができなかった場合に、担保物件を競売に掛けて債務の回収を図るためです。 ですから、銀行としては債務者が借金返済できなくなった場合に、全額回収は出来なくとも一部のお金の回収は担保があれば出来るわけです。

簡単に言えば、担保とは借金返済してもらえなかった場合の損失補填のためにあるという事です。 特に貸し倒れになりやすいのは、高額融資の場合です。 だからマイホームローンの場合は、購入した家を担保としてお金を融資する銀行が多いです。

逆に担保なしでも金融機関がお金を貸せるというのは、少額融資の場合です。 でも貸し倒れを補填するための担保がないと、貸付金利は当然のことながら高くなります。

担保ありで低金利で借りるか、担保なしで割と高金利で借りるかの違いになります。

一般的には高額借り入れの場合は、借入元本が大きい分金利負担も大きくなります。 そのため、担保ありにしてでも低金利となった方が借金返済で有利となります。 逆に少額借入れの場合は、借入元本が少ない分金利が高くてもその負担は小さいです。 だから、担保なしで幾分金利が高くなっても借金返済負担は大きくはなりません。

ちなみに担保ありは銀行で、担保なしは消費者金融で融資を受けるのが一般的です。 消費者金融の場合は、融資審査に通れば保証人もなしでお金を借りる事ができます。 [追記]

リストラによる給料激減で借金地獄!個人再生を選ぶ

同世代より確実に多く給料はもらっていました。 そんな恵まれた生活にあぐらをかいていた部分があったと思います。

あるとき、不況の煽りをくらってなんとリストラされてしまいました。 それでもすぐに仕事は見つかるだろうと楽観視していたのですが、そんなに世の中は甘くありません。 妥協をして、何と前職の半分以下の年収での転職となりました。

これまでろくに貯金をしていなかったので、転職活動中は前職のときに作ったクレジットカードが頼りでした。 しかしそのクレジットカードの利用可能枠もあっという間にいっぱいになってしまいました。 問題なのは、住宅ローンと数社の消費者金融です。 消費者金融は金利も高いため今の年収ではこの先、絶対に借金返済を続けられないのが目に見えていました。

でもせっかく建てたマイホームを手放すことだけはしたくなかったので、個人再生をすることにしました。 個人再生ではマイホームを残しながら債務整理ができるそうなんですが、そのためには当然住宅ローンは支払い続けなくてはいけません。 住宅ローン以外の債務総額は約300万円で、個人再生により100万円まで縮小できました。 住宅ローンへは月々約6万円、残りの債務は3万円ずつ返済していくことになりました。

夫婦合わせても月収は40万円にも満たないのですが、これで何とか借金返済が続けられそうです。 しかし、贅沢をしてしまってはあっという間に崩れそうな家計ですので、節約を続けていかなくてはと思っています。 [追記]

住宅ローンなどの返済が大変

ある時友人から持ちかけられたビジネスの話に乗っかったのですが、それはいわゆるマルチ商法というものでした。 物は健康食品で、難病にも効くだのなんだの、今になってよく考えてみると怪しげなものでした。 でもなんとか副収入が欲しいと思っていた私にとっては、思ってもないいい話でした!

セミナーにも喜んで参加しました。 色々な人の体験談を聞いてその気になりビジネスに参加することにしたのですが、そもそも知人の少ない私には商品を売るツテがありません。 最初は親兄弟、親戚を頼ったのですが、売上は芳しくなく…。 学生時代の同級生に連絡を取って話しを聞いてもらおうとしたのですが、段々避けられるようになりました。

上の一部の人間のみが儲かり、私たちのように末端の人間は儲かるどころか商品を仕入れるためにお金をつぎ込んでいるばかりです。 商品を仕入れようとして借りた消費者金融の借金だけが残りました。 100万円もの債務に15%の金利、この1社だけで月々3万円の返済額があります。 他にも住宅ローンや車のローンやなどもあり、かなり生活はきついです。 今はそれらの借金返済を地道にしています。

生活を楽にしようと思ったビジネスで、余計苦しむ羽目になりました。 やはり上手い話には訳があると思っていた方がいいのだなと、つくづく感じました。 儲けていると思っていた友人も、実は借金返済に苦しんでいたようです。 今では連絡が取れなくなり、どこにいるかも分からない状態です。 [追記]